東京最古の劇場から未来を考える!『企業共創がつくる会社の未来』カンファレンスIN明治座

東京最古の劇場から未来を考える!『企業共創がつくる会社の未来』カンファレンスIN明治座

登壇者

スタートアップ市場において、M&Aは資金調達のため、もしくはEXITの手段という認識が広がっていますが、
事業提携による相互メリットの探求、人材調達、ソリューション開発といった、
企業と企業が交わる事で生まれる総合的なシナジーが本質的価値です。
今回のカンファレンスでは実力派経営者が集い、
数々の企業の成長を実現してきた自身の経験とM&Aや事業提携という観点において語り尽くします。

10月11日金曜日

※タイムテーブルは下記をご参照ください

17:00
開場
18:30
SESSION①開催
20:00
SESSION②開催

※当日は事前にバトンズベンチャーズにご登録いただいた方限定となります。ご登録は本サイトより行う事が可能です。バトンズに関して詳しく知りたい方は下記サイトよりご覧ください。
https://batonz-ventures.jp/

session1

『ビゲストバイアウターが語る、大手と“組む”先にある成長可能性』

『ビゲストバイアウターが語る、大手と“組む”先にある成長可能性』

18:30

自ら起こした事業を、M&Aという形でEXITさせた経験をもつ3人の経営者によるパネルディスカッション。大手企業への事業売却を通じて見えたもの、意思決定の裏側にある”事業成長を最大化させる”ことについて、本音で語りあうセッションです

登壇者

佐藤 俊介

トランスコスモス株式会社 取締役 CMO

複数のベンチャー企業経営を経て、2006年にエスワンオーを創業。2001年トレーディングデスク事業を展開するエスワンオーインタラクティブ(現:ハートラス)を売却。2016年、Facebookの公認マーケティングパートナーであり、広告運用の最適化を図るSOCIAL GEARをトランスコスモスへ売却し、取締役CMOに就任、イノベーション担当取締役も兼任。2017年には俳優の山田孝之と一緒に体験提供型ライブコマースとなるミーアンドスターズ株式会社を設立、代表取締役社長兼CEOに就任。

田中 駆

株式会社CAMPFIRE
TOMOSHIBI プロダクトオーナー

1992年生まれ。神奈川県横浜市出身。
横浜市立大学 起業戦略コース卒業後、ベネフィットワン、ランサーズ、パラフトにて、法人営業・経営企画・DX(デジタルトランスフォーメーション)推進・新規事業企画等に従事。大企業からベンチャーまで、様々な規模の現場にてHRTech分野での事業開発を経験。
仲間集めをベースとする挑戦のインフラをつくることにより「挑戦する人の想いを灯し続ける」をミッションに2018年5月、株式会社TOMOSHIBIを創業、代表取締役CEOに就任。 2019年4月にクラウドファンディング国内最大手の株式会社CAMPFIREに事業譲渡。

緒方憲太郎

Voicy代表取締役CEO

大阪大学基礎工学部卒業後、大阪大学経済学部卒業。同年公認会計士合格。2006年に新日本監査法人へ入社。その後Ernst&Young NewYork、トーマツベンチャーサポート、にてスタートアップから大企業まで経営者のブレインとなるビジネスデザイナーとして多数の会社を支援。途中1年間かけて地球一周放浪しながら、アメリカでNPOの立ち上げやオーケストラ公演のディレクターも行う。現在も5社以上のベンチャー企業の役員や株主として参画中。2015年医療ゲノム検査事業のテーラーメッド株式会社を創業、3年後業界最大手上場企業に事業売却。2016年次世代音声市場のリーディングカンパニーの株式会社Voicy創業。社会と生活を変えて、新しいワクワクする価値を生む会社が好き。メンバー大募集中。

応募する(終了しました)
session1

アーリーステージの企業が知っておくべきM&A市場と有識者考察アーリーステージの企業が知っておくべきM&A市場と有識者考察

18:30

日本のスタートアップ市場のデータを元に、自社の事業価値の客観的な見出し方や、シナジーを発揮できる企業の探し方など、「事業成長の可能性を高める戦略に必要なコト」について、有識者二人の考察を交えたセッションです。

登壇者

朝倉祐介

シニフィアン株式会社 共同代表

兵庫県西宮市出身。競馬騎手養成学校、競走馬の育成業務を経て東京大学法学部を卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。東京大学在学中に設立したネイキッドテクノロジーに復帰、代表に就任。ミクシィ社への売却に伴い同社へ入社後、代表取締役社長兼CEOに就任。業績の回復を機に退任後、スタンフォード大学客員研究員等を経て、政策研究大学院大学客員研究員。ラクスル株式会社社外取締役。株式会社セプテーニ・ホールディングス社外取締役。Tokyo Founders Foundパートナー。

大山 敬義

株式会社バトンズ代表取締役兼CEO

1991年に株式会社日本M&Aセンターに創業メンバーとして参画し、以來28年に渡り業界のパイオニアとして数百件の中堅中小企業のM&Aコンサルティングに関わる。 又実家が倒産した経験から、M&Aによるプレパッケージ型企業再生の分野に早い時期から取り組み、企業再生の専門家としても数十件の企業の再生の実績を持つ。 企業の規模や地域に関わらず、広くM&Aが活用される社会を実現することを長年の信念とし、その実現の為2018年4月、今まで難しいとされてきた小規模ビジネス向け専用M&Aインターネットマッチングサービスを提供する「アンドビズ株式会社(現株式会社バトンズ)」を設立、代表取締役に就任した。 又国内最大級のインターネット経済メディアNews picksのpro pickerとしても、インターネットを通じて多くの情報発信をおこなっている。

ファシリテーター

森敦子

株式会社ジャパンベンチャーリサーチ
執行役員 シニアアナリスト

青山学院大学出身。メガバンクで法人RMを経験後、青山ビジネススクールにてMBAを取得。2016年にユーザベースへ参画。SPEEDAコンサルティングサービス、アナリストチームを経て、2018年1月にジャパンベンチャーリサーチへ。主に情報発信を担い、2018年7月に執行役員に就任。

応募する(終了しました)

交流会のご案内

21:00

当日お越しになる経営に携わる皆様には、未来の事業提携先となり得る積極投資企業の方々や、経営人材紹介・ITソリューション提供・ベンチャーM&Aといったベンチャー支援事業を行なっている方々とのリアルな交流の場をご用意させていただきます。今後の経営戦略における一手が見つかるかもしれませんので、是非奮ってご参加ください。

交流会
ご参加にはバトンズベンチャーズ登録後、貴社情報の登録を行っていただいた方のみとなります。

timetable

17:00
受付開始
18:30
SESSION 1『EXIT経験者が語る、”大手と組む”先にある成長可能性』
20:00
SESSION 2 アーリーステージの企業が知っておくべきM&A市場と有識者考察
21:00
交流会

access

電車

都営新宿線浜町駅A2番出口すぐ
都営浅草線人形町駅A3・A4番出口を出て、清洲橋通り方面へ徒歩7分
日比谷線人形町駅A2番出口を出て、甘酒横丁を清洲橋通り方面へ徒歩7分
半蔵門線水天宮前駅7番出口を出て、清洲橋通り方面へ徒歩10分

バス

無料巡回バス「メトロリンク日本橋Eライン」
「浜町2丁目明治座前」停留所下車すぐ

主催