TOP記事コンテンツ投資家カテゴリから探すエンジェル投資家エンジェル投資家一覧!有名な方からEXIT実績のある方まで紹介!

2020.03.02

エンジェル投資家一覧!有名な方からEXIT実績のある方まで紹介!

創業したばかりのベンチャー企業やスタートアップ企業は、事業が軌道に乗るまで、厳しい資金繰りを余儀なくされます。実績や社歴もない状態では金融機関からの融資にもあまり期待できません。

そんなときに頼れる存在が「エンジェル投資家」と呼ばれる人たちです。

今回はエンジェル投資家とはどんな投資家なのか、エンジェル投資家から出資してもらうためのポイントについて解説します。

エンジェル投資家とは?

エンジェル投資家とは、創業間もないベンチャー企業やスタートアップ企業に投資する個人投資家のことで、その多くが元実業家や大手企業の経営者です。

実績や業績がなく、資金繰りに窮するアーリー期の企業に手を差し伸べる存在であるところから、エンジェル(天使)と呼ばれています。

エンジェル投資家の投資目的

エンジェル投資家は出資する代わりに投資先の企業の株式を取得します。ベンチャーキャピタルが高額な投資を行うのに対して、エンジェル投資家は、数百万~数千万円と比較的規模が小さい投資を行い、経営には深く関与しないという特徴があります。

また、IPOによる売却益を投資の最終的な目的とする点はベンチャーキャピタルと同じですが、エンジェル投資家はそれによるリターンよりも、創業間もない企業の事業そのものや、若手起業家の支援をより重視しています。

エンジェル投資家が果たすべき役割 

エンジェル投資家の役割は、実績や業績がないために金融機関から融資を受けにくい、優秀な起業家を支援することです。

どれだけ優秀なビジネスモデルや起業家であっても、新規事業は融資の審査が通りにくく、融資を受けられたとしても目標額には達しない可能性が高い傾向にあります。

そのように資金調達に苦戦するスタートアップ企業を助ける存在がエンジェル投資家なのです。

エンジェル投資家はどうやって利益を得ているのか?

エンジェル投資家の目的は、出資した企業の株式を取得し、その企業の事業が成功して株式を公開したときにリターン(利益)を得ることです。

投資した起業家の事業が軌道に乗って黒字化するように、経営に関して適切なアドバイスを行います。

ただし、前述のようにリターンよりも、若手起業家を支援すること自体が優先されるケースが多いです。

エンジェル投資家から投資を受けるためのポイント

ここからは、エンジェル投資家から投資を受けるためのポイントをご紹介します。

エンジェル投資家と出会う

エンジェル投資家に会い、ビジネスモデルや起業家自身の人柄を見てもらわないことには、投資につながる話は始められません。詳しくは後述しますが、セミナーの参加や、マッチングサイトの利用を通してエンジェル投資家とコンタクトを取りましょう。

 

ビジネスプランの魅力を伝える

投資を受けるためには、将来性のあるビジネスプランの魅力をプレゼンテーションで伝えることが必要です。

イベントやセミナーでコンタクトを取ってからプレゼンをセッティングする方法のほか、スタートアップ企業を対象に行なっているプレゼン大会に参加する手段もあります。

事業の将来性や収益性、投資することでどのようなリターンを得られるかなど、プレゼンで要点を伝えられるように練習しておきましょう。

 

起業家自身の魅力を伝える

ベンチャー企業向けの投資では、「何をするのか」ではなく、「だれがやるのか」が重視される場合があります。

エンジェル投資家に出資してもらうには、ビジネスプランとともに起業家自身の魅力を伝えることが重要です。

エンジェル投資家が応援したいと思うのはどんな人物かを考え、ビジネスに対する熱意や人物像を伝えるようにしましょう。

エンジェル投資家と出会う方法

エンジェル投資家と出会うには次のような方法があります。

身内や知り合いなどの紹介、自身の繋がりから接点を作る

身内や知り合い、起業家同士の情報網、以前働いていた会社など、人脈をフル活用することで、エンジェル投資家へとつながる接点を作れる可能性があります。

 

マッチングサイトへの登録

エンジェル投資家と出会う方法として最も一般的なのは、専用のマッチングサイトを活用することです。マッチングサイトに登録すれば投資家のプロフィールが確認でき、「どんなビジネスに投資したいのか」「いくら投資できるのか」がわかります。あなたの条件と一致すればマッチングしてビジネスプランを見てもらい、出資を募ることができます。

主な起業家とエンジェル投資家とのマッチングサイトは次のとおりです。

 

StartupList

https//www.startuplist.jp/

 

ANGEL PORT

https//angl.jp/

 

Angel Fund

https//angel.biz-park.info/

交流会やイベントへの参加

起業関連の交流会やセミナーには、エンジェル投資家が参加していることも多いです。

たとえばビジネスプランのコンペでは、審査員としてエンジェル投資家が参加、優秀者にはそのまま投資が行われるというケースがあります。優勝を逃した場合でも、ビジネスプランが高く評価され、エンジェル投資家から個人的にコンタクトをもらったことで、出資につながったという話も聞かれます。

起業家イベントは事業会社や金融機関、各自治体が開催していますので探してみましょう。

主な起業家の交流会、セミナーは次のとおりです。

 

アントレセミナー交流会

https//ginza-entre.com/

 

e-venz

https//e-venz.com/events/entrepreneur/

 

らぷらす女性起業家交流会

http//www.laplace-setagaya.net/event/377/

 

経営塾への参加

経営塾は、一流の経営コンサルタントやビジネススクール教授などが講師となり、若手経営者に必要な知識や能力を養成するスクールです。学びを得られるだけでなく、エンジェル投資家が講師として登壇するプログラムに参加したことが、将来的に投資の話に繋がっていく場合もあります。

数万円~数十万円の入塾費用がかかりますが、価格に見合った知識やスキル、投資家との出会いが得られるでしょう。

主な経営塾は次のとおりです。

 

松下経営塾

https//www.php.co.jp/seminar/m-keieijuku/

 

大前経営塾

https//www.bbt757.com/keieijuku/

 

ダイヤモンド経営塾

http//leader.diamond.co.jp/

 

自社から発信するプレスリリース 

プレスリリースとは、企業が商品やサービスを配信する方法の一つです。新聞やWebメディアで紹介してもらったプレスリリースを目にしたエンジェル投資家からコンタクトがあり、そのまま投資へ話がつながるケースがあります。手軽にプレスリリースを配信するなら、プレスリリース配信サイトに依頼するのがおすすめです。

主なプレスリリース配信サイトは次のとおりです。

 

PR TIMES

https//prtimes.jp/

 

アットプレス

https//www.atpress.ne.jp/

 

共同通信PRワイヤー

https//kyodonewsprwire.jp/

 

有名なエンジェル投資家を一覧でご紹介! 

日本国内の有名なエンジェル投資家をご紹介します。

青柳 直樹 氏

 

2006年~2016年までグリーの取締役を務めた後、電子マネーの「メルペイ」で知られるメルペイ代表取締役に就任、クラウドワークス社外取締役、メルカリ執行役員等を歴任しています。

 

Naoki Aoyagi @メルペイ(@naoki)

https//twitter.com/naoki

赤坂 優 氏

国内最大級の恋愛・婚活マッチングサービス「Pairs(ペアーズ)」の運営会社である株式会社エウレカを創業。売却後にエンジェル投資家に転身。現在はストリートファッションブランドの立ち上げ等でも活動しています。

 

赤坂優 (@yuakasaka)

https//twitter.com/yuakasaka

 

有川 鴻哉 氏

女性向けメディア「MERY(メリー)」の運営会社である株式会社ペロリの創業メンバー。2017年5月に株式会社Hotspringを創業、2018年5月に『ズボラ旅 by こころから』をリリースしています。投資サイズは1社あたり100万~500万円。

 

アリコー (@ari_kou)

https//twitter.com/ari_kou

有安 伸宏 氏

ユニリーバ・ジャパンを退社後、2007年にコーチ・ユナイテッドを創業。2013年に同社の全株式をクックパッドへ売却し、2015年にはファンド「Tokyo Founders Fund」を8人の起業家と共同設立しています。投資サイズは1社あたり500万~5,000万円。

 

有安 伸宏 (@ariyasu)

https//twitter.com/ariyasu

 

家入 一真 氏

日本におけるクラウドファンディングの草分け的存在である「CAMPFIRE」の代表取締役。NOW株式会社、株式会社リバ邸など、シリアル・アントレプレナー(連続起業家)として活躍しています。

 

Kazuma Ieiri 家入一真 (@hbkr)

https//twitter.com/hbkr

 

伊藤 穣一 氏

ベンチャーキャピタリスト、実業家で元MITメディアラボ所長。エンジェル投資家としても世界的に知られ、ソーシャルサービスやIT系サービスなど、アーリー期のベンチャー企業へ積極的に支援しています。

 

川田 尚吾 氏

日本のIT企業のパイオニア的存在であるDeNAの共同設立者で、いくつものIT企業を成功させた経営者。現在はエンジェル投資家として、日本のITやTech分野を担う若手起業家に支援を行っています。

川田尚吾 (@shgk)

https//twitter.com/shgk

 

木村 新司 氏

起業家であり投資家。グノシーやbitFlyerなど、これまでに約40社のスタートアップに40億円あまりを投資してきた経歴があります。現在もインド、インドネシアなど経済成長率の高い国々への投資活動を拡大しています。

 

SHINJI KIMURA (@shinzizm2)

https//twitter.com/shinzizm2

 

国光 宏尚 氏

2007年にモバイルを中心とするインターネットコンテンツを提供する株式会社gumiを創業。ソーシャルゲームを中心としたビジネスを展開し、現在も社員数百人を抱えるSAPベンチャーを率いる経営者として活動しています。

 

国光宏尚 gumi (Hiro Kunimitsu) (@hkunimitsu)

https//twitter.com/hkunimitsu

 

小泉 文明 氏

2007年にmixiに入社。退社後はベンチャー企業の支援を行いつつ、メルカリ社長・山田進太郎社長らを筆頭とするメルカリ経営陣に名を連ね、2017年の役員人事で代表取締役社長に就任しています。

 

小泉 文明/Fumiaki Koizumi (@Koizumi)

https//twitter.com/Koizumi

 

佐藤 裕介 氏

Google退社後に広告技術スタートアップのフリークアウトを創業、以降数々の企業を立ち上げ、2018 年 Coiney と http//STORES.jp を経営統合しheyを創業、80社以上のスタートアップへ個人投資を行っています。

 

Yusuke Sato | hey, Inc. (@usksato)

https//twitter.com/usksato

 

佐俣 アンリ 氏

リクルート、EastVenturesを経て2012年に独立系ベンチャーキャピタル「ANRI」を設立。110社以上のインターネット、ハイテクノロジー系企業への投資実績があり、現在も日本最大規模の約100億円のファンドを運営中です。

 

佐俣アンリ (@Anrit)

https//twitter.com/Anrit

 

島田 亨 氏

インテリジェンス(現・パーソルキャリア)創業者。経営から退いた後はエンジェル投資家となり、2004年には楽天野球団の社長兼オーナー、Rakuten AsiaのCEO、楽天株式会社の代表取締役副社長などを歴任しています

 

島田亨 (@baseballceo)

https//twitter.com/baseballceo

 

嶋村 吉洋 氏

不動産事業、経営コンサルタント、ロボティクス、クラウドファンディングなどを展開。若手起業家を対象とした嶋村塾も主催しています。

 

嶋村塾【公式】 (@shima_academy)

https//twitter.com/shima_academy

 

孫 泰蔵 氏

日本のシリアル・アントレプレナーのひとりであり、ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社の創業者。現在はMistletoe株式会社の代表取締役社長、特定非営利活動法人エティックの理事などを兼任しています。

 

孫泰蔵 (@TaizoSon)

https//twitter.com/taizoson

 

高野 秀敏 氏

2005年に株式会社キープレイヤーズ設立。3,000名以上の経営者の相談と、10,000名以上の個人のキャリアカウンセリングを行った実績があります。さらに、メドレー、クラウドワークスなど過去30社以上の社外役員も歴任。エンジェル投資として国内、シリコンバレー、バングラデシュで投資も行っています。

 

高野秀敏/エンジェル•ヒューマンキャピタリスト (@keyplayers)

https//twitter.com/keyplayers

 

武永 修一 氏

株式会社オークファン代表取締役。株式会社AMBITION社外取締役、株式会社SynaBiz代表取締役、株式会社スマートソーシング代表取締役など複数の重役を兼任。投資家として若手起業家への経営支援も行っています。

 

千葉 功太郎 氏

2009年株式会社コロプラに参画、取締役副社長に就任。2012年東証マザーズIPO、2014年東証一部上場後、取締役副社長を退任。現在は個人投資家として活躍しながら、Drone Fund代表パートナーとしてドローンのスタートアップ企業の支援を行っています。

 

千葉功太郎 (@chibakotaro)

https//twitter.com/chibakotaro

 

中川 綾太郎 氏

女性向けメディア「MERY(メリー)」の運営会社である株式会社ペロリの創業メンバーのひとり。2014年にDeNAに事業売却してからは投資家集団「Tokyo Founders Fund」に所属するなど、個人投資家としても活動しています。投資サイズは1社あたり100万~1,000万円。

 

あやたん / newn,Inc. (@ayatan48)

https//twitter.com/ayatan48

 

福島 良典 氏

大学院在学中に「グノシー」のサービスを開発、2012年11月にGunosyを創業、代表取締役に就任。2018年にGunosyの代表を退任してからは、ブロックチェーン関連事業を行う新会社「LayerX」の代表に就任しています。

 

エンジェル投資家と会う前にやっておくべきこと

エンジェル投資家と会う前に準備としてやっておくべきことをご紹介します。

事業の目的や事業内容をまとめた事業計画書の準備

口頭で熱意を伝えるだけでは、エンジェル投資家から出資してもらうことはできません。エンジェル投資家も慈善事業で投資をしているわけではないため、しっかりとしたビジネスプラン、利益を生み出す仕組みを事業計画書で示すことが重要です。

事業計画書は金融機関から融資を受ける際にも必要となります。書き方がわからない場合は、金融機関や税理士が開催するセミナーなどに参加すると良いでしょう。

 

売上・利益予測と資金繰りの計画

事業計画書と同様に、資金繰り計画書もエンジェル投資家にチェックされることがあります。優れたビジネスプランでも、どれくらい資金が必要なのか、どれくらい売上や利益を生み出せるのか、具体的な数字がなければ絵空事で終わってしまいます。これも金融機関や税理士からアドバイスを受けられるので、書き方がわからない場合は問い合わせてみると良いでしょう。

エグゼクティブ・サマリーの作成

エグゼクティブ・サマリーとは、事業計画書の要点をまとめたサマリーシートのことです。エンジェル投資家が投資するかどうか、より詳しく事業や資金繰りの計画をチェックするかを判断する決め手になります。ここで投資家の心を掴まないと投資交渉のテーブルにつくことすらできません。

自身の事業を説明できるようにする

ここまでは書類の準備について解説しましたが、最も重要なことはエンジェル投資家に対してビジネスの将来性や収益性、自身の熱意を伝えることです。書類だけ渡して「よかったら投資してください」では、当然ながら投資家を動かすことはできません。常日頃から自身の事業を説明できるように、プレゼンテーションの準備をしておきましょう。

まとめ本記事のまとめを記載してください

ここまで、エンジェル投資家から投資を受けるためのポイントや、国内の主なエンジェル投資家について解説しました。

社歴と実績に乏しいアーリー期のベンチャー企業やスタートアップ企業は、金融機関からの創業融資以外に出資元を見つけることが重要です。

そのためにもエンジェル投資家と出会う方法を知り、いついかなる時でも自身のビジネスをプレゼンできるように備えておきましょう。

 

 

エンジェル投資家

その他のオススメ記事

ベンチャー企業様会員登録 積極投資企業様資料請求

お電話でのお問合わせ 03-5218-5088

お電話でのお問合わせ 03-5218-5088